かかと

靴のかかとの減り具合で体のバランスが分かる

靴のかかとの減り方が左右で違ったり、減り方が一定でない場合は、体のバランスが崩れているために、足の着地がバラバラになっている事が考えられます。

イスに座る際に、同じ方の足でばかり組んだり、どちらか片方の足にばかり体重をかけていると、骨盤がゆがみ体のバランスも崩れてしまうのです。体のバランスが崩れているかどうかは、一見して分かりにくいのですが、靴のかかとの減り方によってそれを知る事が出来ます。

正常な人のかかとの減り方は、左右対称に削れるものなのですが、体のバランスが崩れている人はどちらかが極端に早く削れたり、斜めに削れたりします。そのように変に削れた靴をはき続けると、足の着地も不安定になりますし、それをかばって歩く事によりますます体のバランスが崩れてしまうのです。

もし靴底に異変を感じたら、整体などで骨盤矯正をしたり、靴を新調したりして体のゆがみが進まないようにしましょう。また日頃の生活でも、体重をどちらか一方の足にかけるのではなく、左右バランスよくかけるようにするなど対策が大切です。

姿勢を良くする事等を心がける事により体のバランスが崩れる事を防ぐ事が出来ます。体のバランスが崩れると、代謝も悪くなり太りやすい体になるために注意しましょう。