かかと

かかとの乾燥が改善しないようなら尿素入りのクリームが最適

冬場や春先等、空気が乾燥しやすい季節に気になるのが肌の乾燥ですよね。体の中でも特に乾燥が激しい場所は、角質の厚くなっている肘、膝、かかとになります。

特にかかとの乾燥は、歩いた拍子に分厚くカチカチになった皮膚が、突然ひび割れてしまう事もあり、中にはストッキングやタイツを破く程荒れてしまう人もいるのではないでしょうか。

そんな角質が厚く固いかかとには、ボディクリームでは改善が見込めない場合もあります。そこで効果的と言われているのが「尿素入りクリーム」です。尿素とは、固くなった皮膚の表面を柔らかくし、溶かす効果があります。そして元々もっているかかとの水分を外に引き出し、しっとりとした滑らかな皮膚を取り戻す事ができるのです。

尿素入りクリームを使う際の注意点として、皮膚の薄い場合には使用しないことと、尿素入りクリームを塗る前には、お風呂場などでかかとをしっかりと洗浄し、軽く軽石で擦っておくのもポイントです。

お風呂上がり、柔らかくなったかかとに尿素入りクリームを馴染ませた後は、クリームをより浸透させる為にも、上からラップでくるんでパックしておくと良いでしょう。

この尿素入りクリームは、ドラッグストア等でも簡単に手に入れる事ができますし、お値段もリーズナブルなのが大変魅力です。乾燥したかかとにお悩みの方でしたら、まずは尿素入りクリームを使ったケアをお勧めします。