かかと

偏平足には先天性と後天性があり足が疲れやすくなります

扁平足とは、土踏まずが無い足の事です。先天性と後天性があります。アーチが崩れるため、疲れやすくむくみやすくなります。更に踵にも負担がかかるため、変な歩き方になってしまい更に足が疲れると悪循環です。こんな辛い扁平足も改善方法があります。

扁平足を改善するには、足裏の筋肉を鍛えましょう。とっても簡単な筋トレです。足の指5本をしっかり使って、タオルを握って持ち上げて離す3ステップで出来るので簡単です。

椅子に座りながらだとやりやすいです。それぞれの動きを丁寧に、1動作につき5秒間は静止しましょう。目標は10回を3セットです。毎日続けます。2週間も続けると扁平足が改善してくるのが実感出来るでしょう。慣れてきたらタオルの上に重しを載せましょう。まずは500MLのペットボトルから。ちなみに、ビーチバレーの選手は7~8kgの重しでも簡単に掴めます。それだけ足裏の筋肉には柔軟性な伸縮力が秘められています。

また、筋トレ以外にも方法はあります。アーチサポートのある靴を履いて矯正する方法です。靴だけではなく中敷きで矯正する方法もあるので、ファッション性が気になる女性でもこの方法でしっかり矯正する事が出来ます。扁平足を改善して踵などに負担がかからないようにしたいですね。