かかと

足の裏が痛む開張足は女性に多く見られる症状

足の様々なトラブルの原因にもなる開張足は、親指~小指の間の足裏のアーチが崩れて、平らになってしまう状態の事です。

開張足は女性に多く見られる症状で、原因として以下のものが挙げられます。

・ハイヒールなどヒールの高い靴を長時間履いている。

・幅の広い靴を履いている。
・アスファルトなどの硬い路面を歩く事で足に負担をかけている。
・横のアーチが平らになった骨格を、親から受け継いでいる。

症状は、足裏にタコや魚の目が出来やすくなったり、足の指が浮いた状態なので歩行が不安定になり膝が痛んだりします。

更にその症状の延長で、外反拇趾や内反小趾、硬直性屈指症やハンマートゥーになります。外反拇趾や内反小趾の方の殆どは、この開張足であると言われているようです。

本来、アーチがある事で、歩いたり、走ったり、ジャンプしたりした時の衝撃を吸収し分散してくれていますが、そのアーチが無くなってしまうと、足裏の衝撃は上半身にまで影響を与えてしまいます。その結果、腰痛や肩こり、自律神経の不調なども引き起こしてしまうのです。

また、運動不足による筋力低下、体重の増加による足元への負担、歩き癖による前足部への過度な負担なども開張足の原因になります。

開張足によって崩れてしまったアーチを本来の形に戻してあげないと、外反母趾などを幾ら表面的に治療したとしても、再発してしまうのが開張足の特徴でもあります。