かかと

足に合った靴を選び足の健康を守ろう

靴を選ぶ時、おさえておきたいポイントがいくつかあります。まずは、靴を履いて選びましょう。最近はネットでも購入できますが、はき心地が分からない為、失敗する方も多くいらっしゃいます。なので、お店に出向き以下のポイントを掴んで靴を試着してみましょう。

●靴の合わせ方●
・かかとを合わせる。
・甲の部分はゆるみが無く、タイトにフィットするもの。多少はきついと思うくらいのもので良いです。どんなタイプにしても、空間が少ないほうが良いです。
・親指の付け根と小指の付け根はジャストフィットするもの。
・土踏まずのフィット感を見る。土踏まずが曲線に沿って、隙間無く履けるか。立った状態で、全体重を靴にかけた時に、重心が踵にかけられれば大丈夫です。逆につま先立ちになるようではダメです。
・捨て寸は1~1.5cm。歩く時、足は前後の揺れで摩擦が起きます。それを見幅とし、捨て寸を採ります。最低でも一番長い指から1cmの余裕を持ちましょう。
・靴選びは、午後~夕方がベスト。夕方にかけて足はむくみやすくなるので、その頃に試着すると「むくんで足が入らなくなった!!」なんてことがありませんからね。
・目的にあった靴選びを。仕事用なのか、普段履きなのか、ウオーキングなのか…によっても変わってきます。その時々に合わせたコーディネートをしましょう。