かかと

足の裏の水虫は気付き難い

足の裏にある厄介な水虫を放っておく事なんてできませんよね?家の中で家族が同じスリッパやサンダルを履いたら…と思うとぞっとします。そのため、水虫ができたらすぐに治すのがマナーです。

足の裏の水虫を治す方法は、塗り薬がベストです。市販には軟膏タイプ、クリームタイプ、スプレータイプがあります。

軟膏タイプの良い点は、塗ると剥がれにくいところです。しかし水虫に塗ると、塗った箇所がヌルヌルします。足の裏がヌルヌルするのが不快に思うかもしれません。

クリームタイプは、軟膏に比べてヌルヌルしません。なので足の裏に塗っても、不快感は少ないです。デメリットとしては、水虫の薬を塗る時に、手で水虫を触らなければいけない事です。軟膏でもそうですが、水虫を触りたくないならばスプレータイプをおすすめします。

水虫に飲み薬という方法もありますが、飲み薬は爪などのクリームが塗りにくい箇所のための薬なので、足の裏には不向きです。市販の薬では心配だというならば皮膚科に行きましょう。皮膚科でも塗り薬を処方されます。

また、おろしたにんにくを患部に塗る、お酢を水虫に塗るという方法もあります。しかし雑菌が入る可能性があるため、おすすめはしません。

足の裏の水虫には塗り薬で対処しましょう。