かかと

踵の裏や土踏まずが痛むときは足底筋膜炎を疑おう

足低筋膜は、踵から足指の付根まで走っている帯状の分厚い靭帯で、足の縦横のアーチを支える役割をしています。

この足低筋膜部分に炎症が起きる事を足低筋膜炎と言います。

【症状】

・朝起きて最初の一歩時に踵の裏が痛む。
・長時間立っていると痛む。
・歩き始めると痛みが消えていく。
・慢性化すると起きてから2~3時間ほど痛みが続き、歩いている時も痛みを感じる。
・土踏まずが痛む。

【原因】
・マラソンなどの継続的な負荷。
・外反拇趾やX脚、足裏が扁平。
・長時間立っている。
・足裏のアーチの崩れ
・ふくらはぎやアキレス腱が硬い。

また、肥満や関節リウマチ・その他の関節炎なども、足低筋膜炎を引き起こす場合もあります。

【対処法】

・裸足で歩くのは避け、歩幅を小さくする。
・足に衝撃を与える運動などを避ける。
・足を水で冷やす。
・体重増加によって炎症が起きた場合は減量する。
・ふくらはぎやアキレス腱のストレッチやマッサージをする。

また、テーピングを使用し、縦アーチを支えて足底筋膜の緊張を取り除くのも良いです。

特に土踏まずが痛む場合は、テーピングたけでもかなり痛みは軽減します。立ち仕事が多く、次第に痛みが強まる人は仕事前にテーピングを使用すると良いでしょう。

それでも痛みが強い時は病院へ行くと良いですが、なかなか治らない場合はカイロプラクテックなどの民間療法を受けてみるのも良いです。