かかと

かかとの痛みが引かない場合は整形外科へ早めに行きましょう

かかとに痛みが生じる原因として考えられるのは、かかとに炎症を起こしている場合と、靴擦れにより傷が出来ている場合などが考えられます。

前者の場合は、踵骨という踵の骨を覆う部分の炎症が考えられます。炎症の原因は、激しい運動による場合や、体のゆがみによりかかとに負担がかかってしまったなど原因はいくつか考えられます。

また、かかとそのものではなくアキレス腱に炎症を起こした場合も、かかとに痛みが出る場合もあります。

ですから、一見しただけではどこが原因かはわかりにくいので厄介です。いずれにしても、かかとにの痛みがひかない場合や、激しい痛みがある場合は整形外科の診察を受けましょう。また、カイロプラクティックにより姿勢を治す事により、かかとの痛みがとれる場合もあるそうです。

自分で出来る対処法としましては、痛みがある部分周辺の筋肉や、アキレス腱にかけてを優しくマッサージする事で筋肉がほぐれ、痛みがおさまる場合もあるそうです。

一方靴擦れによりかかとに痛みが生じている場合は、靴を適正サイズに交換しましょう。

我慢して合わない靴をはき続けると、足の骨の形が変形する事もあります。

そうなると、かかとのみならず他の部分にも影響が出てきますので、靴擦れを頻繁に繰り返す方は注意して下さい。