かかと

足の裏のたこは身体のバランスの崩れが原因

一度できてしまうと、削っても削ってもタコは再発してしまいます。そのためタコを改善するには、なぜタコができてしまったのかを理解するようにしましょう。

タコができる原因は、タコができてしまった部分に強い圧力がかかっているからです。皮膚は圧力がかかると固くなります。そのため、タコから体のSOSが出ている状態なのです。

「受験勉強で、シャープペンシルの持ちすぎによって指にタコができてしまった。」
「ヒール靴の履きすぎで、足にタコができてしまった。」<
「歩く時の姿勢が悪く、足に負担をかけたためにタコができてしまった。」

タコができる箇所は個人個人で違います。タコができる仕組みを理解すれば、原因を改善すればタコは改善します。

指のタコの原因が受験勉強だったら、シャープペンシルの持ち方を変えてみる、強くシャープペンシルを握りしめてないか確認するなどが改善案です。もし、ヒールによってタコができているのだとしたなら、低めのヒールに替えてみてはどうでしょうか。

また、姿勢が悪くて体に負担がかかってるのが原因ならば、これを機会に正しい姿勢を勉強してみてはどうでしょう。

タコは、一か所に圧力がかからなくなれば自然と改善していきます。それでも治らなければ医師に相談しましょう。