かかと

かかとのガサガサは古い角質の集まり

かかとがガサガサしているとみっともないです。夏は素足になる機会が多いので、冬のかかとをあまり見せない時期にガサガサを治してしまいましょう。

かかとのガサガサを治す方法は簡単です。かかとのガサガサは古い角質の集まりなので、それを削り落としてしまいます。「かかとキレイ」やヘチマでできた角質を落とすスポンジなど、かかとの角質を落とす道具があるので、それで古い角質を落とします。

しかし、あまり熱を入れて、角質をゴシゴシしてはいけません。ゴシゴシしすぎるとかかとの新しい角質まで落としてしまい、かかとが刺激を受けてしまいます。そうすると体はかかとを守るために、皮膚が厚くなってさらにみっともないかかとになってしまいます。

また、ゴシゴシして他のところの皮膚が削れ、擦り傷ができてしまう事もあるので注意してください。

かかとをゴシゴシしたら、ハンドクリームや乳液をつけます。尿素入りクリームがお勧めです。クリームを塗ったらラップでかかとを巻いて寝ます。

何日かするとかかとはスベスベになります。夏が近づくとラップを巻くのが暑いため、かかとのお手入れが難しくなります。ラップを巻いても苦にならない今の時期からお手入れをしていきたいですね。